徒然なるままに その9 スキー&ボード

3月に入りウインタースポーツシーズンも終盤にさしかかりました。皆さんは今シーズン滑りに行かれましたか?私は、ここ数年滑走回数が激減しモヤモヤしています(2/15に同僚達と滑りまくる予定で出陣したのですが…)。結婚し一人生まれ二人生まれしていくうちに機会が激減しました(涙)。嗚呼、独身時代が懐かしい…。

最初にスキーと出会ったのは小学校3・4年位、当然初心者の私は滑走中に曲がれず見知らぬ20代位の女性にダイブ。転倒したその女性に起き上がりざま「痛いなー!もう!」とめちゃくちゃ怖い顔でキレられたことがトラウマとなり「二度とスキーなんぞやるものか!」と誓いを立てたのでした。

しかし、大学1年の時、友人達に半強制的にゲレンデに連行され「大丈夫だから。」という言葉に騙されいきなり頂上まで連れて行かれ、「よし、滑れ!」の言葉を残し友人達は私の視界から消えました…。「お前等、鬼かー!!」と心の中で叫び(いや実際に叫んだ)転倒虫になりながら必死について行き、そうこうしているうちに滑れるようになり、映画「私をスキーに連れてって」が拍車をかけたスキーブームにも乗っかり完全にハマってしまいました。全盛期は1シーズン16回滑りに行ったこともあります。

今はもうキレも体力も無いので無理ですが、モーグルが好きで当時は一日中コブ斜面で真似事をして滑りまくっていました。(エドガー・グロスピロンが好きでして…古いなー)

そんなこんなで皆結婚しスキーに行く友人が減ってきたため一番の親友(義理の兄になってまった…)を「大丈夫だから。」という何処かで聞いた台詞を囁きスキーに引きずり込もうとしたところ「ボードならやる。」とのこと。そこからボードも滑るようになりました。

スキーの魅力は?と聞かれれば真っ先にこう答えます。「ゲレンデで飲むビールは最高に旨い!」晴天時、雪景色の中を全開で滑った後に絶景の山並みを俯瞰しながら飲むビール…猛烈に旨い!!これ以上のシチュエーションはありません。しかも全然酔わないし…これ何でですかね?(飲むと体のキレが増すし)

しかし楽しいことばかりではありません。コケると当然痛い、特にボード…。直滑降時に不意にコケそこが凍結なんかしていると尻が割れたと思うほど痛い(暫く立てんし)。あと不意に谷側のエッジに重心が乗ってしまった際にスコーンと谷側に持って行かれてのクラッシュ…メチャクチャカッコ悪いし痛いし。スキーでは、転倒した際に板が外れビンディングが開放されれば良いのですが稀に開放されない時がある。落馬した馬が一着になるように板のみがマッハで滑降…。前を滑る人も危ないし自分も徒歩で下山しなければならない…。ビンディングのセッティングは適切にしましょう。

私的No1ゲレンデは何と言っても「八方尾根」日本最大級のビックゲレンデで中上級者向き(K君毎回大変だねー)。回数では「おんたけ」が一番多いです。今後も旨いビールを飲む為にスキーを続けます。

※追伸:2/15最悪でした…。猛吹雪で全ゲレンデクローズ…。R19号スタックトラックだらけ…。雪道を延々ドライブしてあきらめ…。PM5:00大岩亭着…(涙)。

柴田