タグ別アーカイブ: 西岡

京都の町家を省エネ改修

京都市と民間事業者から成る「京都市次世代環境配慮型住宅エネルギー実証協議会」は、京都市ならではの環境に配慮した町家のリノベーションを行いました。省エネ・創エネに寄与する最新設備を導入し、開口部や断熱材は現在の省エネ改修における仕様を採用しています。さらに自然を生かす京町家の知恵や工夫も盛り込んだ住宅になっているそうです。

201409012

 

改修したのは昭和初期に建てられた2階建て連棟住宅のうちの1棟で、延べ面積は84.17㎡です。伝統的な京町家の佇まいを残しつつ、屋根には太陽光発電システムを搭載、さらにガスで発電する家庭用燃料電池やエネルギー利用量確認システムなどの最新技術も導入されています。

さらに、床下空調、トップライト、複層ガラスサッシの採用、壁や屋根の断熱改修などにより、夏は暑く冬は寒いと言われる京都にあって、「夏涼しく、冬暖かい」住宅を目指して様々な工夫がされています。

夏季は、床下の換気口を開けることで空気の流れをつくり、熱気が床下にこもらないようにします。また、京町家の特徴の一つである吹き抜け空間の「火袋」を利用して、キッチンや居室で発生する熱気をトップライトから排出することで、室内を適度な温度に保ちます。窓には複層ガラス入り木製サッシを採用、縁側や出格子は室内外の温度差を和らげる空間として機能させ、外気温の

 

201409014

夏季は床下の換気口を開け、空気の流れを作る。

 

201409015

冬季は換気口を閉め、床下にエアコンを設置し、温風で床下を暖める。
影響をできる限り抑える仕組みになっています。

 

201409011

2階天井のトップライト

201409013

出格子

 

冬季は床下の換気口を閉めて、エアコンで床下の空気を暖めるとともに基礎コンクリートに蓄熱させ、床下から1階全体を暖めることで、冬季の厳しい底冷えに対応します。エアコンの稼動時間を日中に限定することで、その電力は自家発電で賄えるそうです。

 

京都市は今後、この京町家における省エネルギー効果の検証を進めるとともに、エネルギーを活用・制御する住宅のモデルの一つとして、環境配慮型住宅の普及、さらに京町家の保存や空き家の解消につなげたい考えです。

この京町家は、8月30日~2015年1月30日まで一般公開され、公開期間終了後は、一般に販売されるそうです。販売価格は4380万円で、購入に当たっては、事業の趣旨を理解し、1年間の居住実証実験に協力することなどが条件となっています。

 

西岡

 

参照:京都市情報館HP  http://www.city.kyoto.lg.jp/

日経BP HP   http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/

 

案内用図記号

案内用図記号とは、駅などの交通施設やデパートなどの商業施設、観光施設、役所などの公共施設といった不特定多数の人々が利用する施設の案内に使われるものです。と、言葉で書いてもピンとこない方もいるかも知れません。

 210140814 201408146 201408145 201408141 201408143

 

このマーク、見たことありますよね。これが、案内用図記号です。図記号は、文字に比べて多くの人が理解しやすい「視覚情報サイン」であることから、バリアフリーや国際化の観点から、国内的にも国際的にもデザインや仕様の統一化の取り組みが進められています。

日本では、2002年サッカーW杯の開催を契機として、案内用図記号がJIS化され、様々な場所で使われるようになりました。

そして、2014年7月22日に経済産業省は、新たに案内用図記号を追加したと発表しました。それは、こちらです。

201408144

これ、何を示しているか分かりますか?私は、図記号だけ見ても初めはわかりませんでした。なんと「靴を脱いでください」を示しています。

この図記号は旅館などの入り口に設置することを想定し、たたみ文化や靴を脱いでくつろぐといった日本の文化をより海外の方にも理解してもらう狙いがあるそうです。

また同時に、特定の外国語で話せる人がいることを示す「コミュニケーション」の記号も併せて追加されました。

201408142 ENGLISHの部分は、他の言語及び国旗に変更可能だそうです。

 

「2020年東京五輪を見据え、日本のおもてなしの心を示したい」と担当者は語っています。

この新しく追加された図記号によって、外国人観光客により一層日本を楽しんでもらえるといいですね。

 

 

西岡

参照:経済産業省HP  http://www.meti.go.jp/

改正マンション建て替え円滑化法成立

老朽化したマンションの売却と解体の決議要件を緩和する「マンションの建て替えの円滑化等に関する法律の一部を改正する法律」(改正マンション建て替え円滑化法)が6月18日、参院本会議で可決、成立しました。12月をめどに施行される予定です。

現在、わが国のマンションのストック総数は約590万戸あり、そのうち旧耐震基準により建設されたものが約106万戸存在し、それらの多くは耐震性不足であると考えられています。しかし、マンションの建て替えはこれまで183件、約14,000戸の実施にとどまっており、巨大地震に備えるため、耐震性不足のマンションの耐震化の促進が喫緊の課題となっています。このため、耐震性不足のマンションの建て替え等の円滑化を図るため、多数決によりマンション及びその敷地を売却することを可能とする制度を創設することになりました。

 

この改正マンション建て替え円滑化法では、耐震性不足など老朽化が進んだマンションで、区分所有者の5分の4が同意すれば、建物の解体と跡地売却を認められるようになります。改正前は原則、区分所有者全員の同意が必要でした。区分所有者が自力で建て替えるのではなく、跡地を買い受けたデベロッパーなど資金力のある企業による土地活用を進めるルートを設けるそうです。

また対象になるのは、耐震性が不足するマンションで、耐震改修促進法に基づく耐震診断を受け、特定行政庁から除却が必要な旨の認定を受ける必要があります。

さらに、跡地を買い受けたデベロッパーなどが新たにマンションを建設する際、周辺環境に貢献するなどの条件を満たせば、特定行政庁が認める範囲で容積率を緩和するインセンティブを設けています。マンション以外の用途の建物も建設できます。

20140707

 

この改正法により、老朽化したマンションの建て替えが進み、耐震基準を満たした安全なマンションに住むことができるのは、良いですが、区分所有者の5分の1の建て替えに反対した人たちへの、代替住居の確保へも力を入れてもらいたいものですね。

 

西岡

参照:国土交通省HP       http://www.mlit.go.jp/

日経アーキテクチュアHP  http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/NA/

 

 

 

 

 

 

「猫付きマンション」が人気!?

今、東京都や神奈川県を中心に「猫付きマンション」がじわじわと人気を高めているそうです。この物件は、保護猫を預かって一緒に暮らすことができる、一般的なペット可の物件とはちょっと違った賃貸物件です。

 

このシステムを作ったのは、NPO法人「東京キャットガーディアン」の代表山本葉子さんです。同NPO法人は、保健所や動物愛護センターなどから猫を引き取り、必要な治療や去勢手術を施し、保護飼育をしながら飼育希望の人に譲渡する活動を行っています。

「殺処分ゼロ」を目指して活動していますが、現実はまだまだ遠いと言わざるを得ない状況だそうです。犬猫の殺処分数は年々減ってはいるものの、環境省は全国で年間13万頭以上の猫が殺されていると公表しています。

201406221

 

この「猫付きマンション」は、様々な活動のなかで、ペット可の物件が増えてきた現状をみて考案し、ある大家さんに提案したのが始まりだそうです。

「空室をなくしたい大家さん、猫と住みたい入居者、猫の居場所を確保したい保護団体の三者が共同で行うボランティア活動です。」と山本さんは言います。

現在は、東京を中心に神奈川、埼玉に広がり、80戸ほどの物件があるそうです。

 

このシステムの概要は、「猫つきマンション」という専用の物件があるわけではなく、もともとある物件を「ペット可」のような形で、「猫つき」として貸し出します。単身者向けの1R、2~3LDKのマンションに、最近は1戸建の物件もあるそうです。建物の契約は、提携不動産会社を通じて賃貸契約をし、さらに入居者は同時に、「一時預かり」の形で、猫の賃貸契約を東京キャットガーディアンと交わします。部屋も猫も借りるという発想です。

そして、預かりという形なので、引越しなどでその猫と暮らし続けることができなくなった場合は、東京キャットガーディアンが運営する保護施設へ返すことができます。尚、譲渡、預かりを希望する場合は、ともに面談があります。猫と暮らすのは難しいと判断した場合は、断ることもあるそうです。

(物件によっては、キャットタワーやキャットウォークが付いている物件もあるそうです。)

201406223 201406222

 

現在、80戸ほどの物件がありますが、猫の入居実績は10頭余りで、今のところ返却は一件もないそうですが、「注目度の割りに成果が上がっているとは言えないのが現状だ」と山本さんは言います。

そうした中で、5~10頭ほどの猫と住民が共同生活をする「猫つきシェアハウス」が7月から新たにスタートするそうです。猫の世話をする専門の管理人を置き、猫たちは「猫ドア」を通じて各個室と共同スペースを自由に行き来する形にするそうです。猫好きの人が集まるシェアハウスなら、話も合って楽しそうですね。

 

 西岡

 

参照:NPO法人 東京キャットガーディアンHP

http://www.tokyocatguardian.org/

パリの廃駅を有効利用

現在、パリの市長選に立候補中の、ナタリー・コシュースコ=モリゼは、パリのメトロ(地下鉄)にある有名な「ゴースト駅(廃駅)」を地下のオアシスに改造するという計画を発表しました。

昔のメトロの駅をプールや体育館に改造する事業は、一部地域のスポーツ施設やレジャー施設の不足を補う手段になりうるとコシュースコ=モリゼ氏は提案しています。

彼女に協力する建築家らは、廃駅を美術館の展示場やレストラン、公園などに変えるデザインを発表しており、例えば、地下にナイトクラブを作れば、騒音の苦情を受けることなく、地域に夜の娯楽をもたらすことができると提案しています。また、地下に庭園を造れば(天窓を設ける)、雨の日でも自然を楽しめる場所をパリっ子たちに提供できるとしています。

201403041

ナイトクラブイメージ

201403042

庭園イメージ

201403043

プールイメージ

 

パリの廃駅のほとんどは、フランスが1939年に第二次大戦に突入して以来、ずっと閉鎖されてきましたが、こうした駅でも、それなりに活気がある駅があるそうです。

 

サン・マルタン駅は、現在ホームレスの冬期用シェルターとして使われているほか、2010年には日産自動車が、クロスオーヴァーSUVの「キャシュカイ+2」(「デュアリス」の欧州仕様車)を発表する場として利用しました。

また、ポルト・デ・リラ駅の廃ホームは映画の撮影によく使用されているほか、アルセナル駅はメトロ配電技術士の練習、ほかにもガール・デュ・ノール駅が運転手見習いのための練習所など、新たな目的を与えられています。

 

ちなみに日本でもさまざまな廃駅があります。京王線初台駅は、1978年に京王新線が開通した際に同線に並行する京王線から移転したものですが、移転後も同線の新宿駅~笹塚駅間のトンネル内部に旧ホーム跡が残されており、保線資材置き場、資材搬入口及びトンネルの緊急避難路や駅のメンテナンス用の通路として使用されています。

 

パリの廃駅で、このような計画が実行されるか分かりませんが、日本でも、こんな面白い使い方が出来たら楽しいですね。

 西岡

世界のユニークな家

昨年の12月中旬に、アメリカのルイジアナ州のオーデュボン公園で、50個の変わったバードハウスが展示されました。

この展示の企画をしたのは、個人の部屋などを宿泊場所などとして賃借できるオンラインプラットフォームを提供しているAirbnb社です。2008年に設立者たちの共同アパートを拠点にして創設されましたが、2012年11月までに、192カ国の30,000にのぼる都市で25万件の物件が登録されています。

私は、こんなサービスをしている会社があることを初めて知ったのですが、日本でも物件はあり、北は北海道から南は沖縄までありました。ちなみに愛知県も名古屋を中心にいくつか物件があり、三河地方では、岡崎市に1件ありました。面白いので一度、HPを見てみてください。https://www.airbnb.jp/

 

さて、このバードハウスは、精巧に手作りされたミニチュアハウスで、同社のネットワークに属する50の興味深い家やコテージなどをベースにしたもので、5人のアーティストにより製作されました。中には、アイルランドの15世紀の城や、灯台もあり、これらもレンタルできるそうです。

西岡

 2013202_1

ジョシュアツリーの「タイルハウス」

2013202_2

アイルランドの15世紀の城

2013202_3

タイのサムイ島にある「ドームホーム」

2013202_4

ペンシルベニア州ヨーク郡の灯台

2013202_5

イギリスのリヴァプールにある「ふくろうハウス」

不動産「買い時感」が上昇傾向

(公社)全国宅地建物取引業協会連合会は、同会が定める9月23日の「不動産の日」に合わせて実施した「住宅の居住志向及び購買等に関する意識調査」の結果を発表しました。アンケートは、2013年9月23日~10月31日に全宅連・全宅保証のホームページ上で実施し、全国の20歳以上の男女で1万5611件の有効回答数がありました。

 

○    不動産は買い時ですか?

「買い時だと思う」と回答したのは28.6%(前年比4.4ポイント増)、「思わない」は17.9%(同3.1ポイント減)、「分からない」53.5%(同1.3ポイント増)と買い時感が上昇しつつあるようです。

買い時だと思う理由は、「消費税率が上がる前だから」が51.7%と最も多く、「住宅ローン減税など税制優遇が実施されているから」が21.8%と続きました。逆に買い時だと思わない理由は、「自分の収入が不安定または減少しているから」が45.7%と最も多く挙げられ、続いて「不動産価格が下落しそうだから」が16.2%、「住宅ローン減税など税制優遇が見直されそうだから」が14.0%でした。

 

○    住宅を買ったり売ったりする時に、どのような税金等の優遇措置があればよいと思いますか。

「住宅の購入時にかかる税金の軽減措置」が75.4%と最も多く挙げられ、次いで「住宅ローンの借入金の残高に応じて所得税が軽減される措置」が51.0%となりました。

 

○    2011年3月の東日本大震災後、住まいに関する意識についてどのような変化がありましたか。

「築年数や構造(免震・耐震)について考えるようになった」が66.7%と最も多く、次いで「地盤等の状況を意識するようになった」が53.4%、「緊急避難場所がどこにあるかを意識するようになった」が39.5%となり、震災時を想定して、屋内にいる場合の耐震性・免震性、屋外にいる場合の自身の危険回避についての意識が見られました。

参照:(公社)全国宅地建物取引業協会連合会 「不動産の日アンケート」より

 

西岡

B-1グランプリin豊川

11月9日(土)・10日(日)に「ご当地グルメでまちおこしの祭典!B-1グランプリ」が愛知県豊川市で開催されました。

我が家では、夫婦で同じ日に休めるのが月に1・2回しかないので、休みが重なった日は、どこかに出掛けようということになっていて、今回ちょうど休みの日にB-1グランプリが豊川であることを知って、行ってきました。

B-1グランプリは今回で8回目の開催で、史上最多64団体が参加、過去2番目の58万1000人が来場したそうです。

すごい人だろうなと覚悟はしていきましたが、どこも行列で、会場内は歩けないくらいの混雑ぶりでした。

まず初めに食べたのは、福島県浪江町の「なみえ焼そば」で、麺は焼きそばというよりうどんに近い太さで、ソース味の焼きうどんって感じでおいしかったです。

201312031

次に食べたのは、殿堂入りをしている青森県八戸市の「八戸せんべい汁」です。こちらは、豚汁におせんべいが入っていて、温かくておいしかったです。この団体は、8回全部参加していて、過去2回3位、3回2位を受賞、去年1位を獲得して、殿堂入りしています。ちなみに投票は、食べた箸を自分が気に入った団体に投票するもので、味はもちろんですが、いかにたくさんの人に料理を食べてもらえるか、行列を裁く能力も必要だと思いました。

20131203122013120313

そして3つ目は、「あまちゃん」でも話題になった岩手県久慈市の「まめぶ汁」です。しょうゆ味のお汁に、くるみと黒砂糖が入った団子が入っている、しょっぱいけど甘い不思議な味とあまちゃんで紹介されていて、ずっと気になっていて、今回私が一番食べたかった料理です。お汁は、出汁がきいていて、団子もおいしかったです。確かにしょっぱいけど甘い不思議な味だけどとってもおいしかったです。

2013120314

4つ目は、千葉県勝浦市の「勝浦タンタンメン」です。こちらは、しょうゆベースのスープに大量のラー油が入っているタンタンメンです。私は、辛いものが苦手なので、一口食べただけですが、辛いけどおいしかったです。

2013120315

 

 

最後は、岐阜県郡上市の「めいほう鶏ちゃん」です。こちらはお隣岐阜県の郷土料理なので、食べたことがある方はたくさんいると思いますが、味噌やしょうゆをベースにしたタレに鶏肉を漬け込んで炒めたものです。最後は、お腹がいっぱいで、持ち帰りにしました。なので写真がありません。

 

今回は5種類食べることが出来ました。その中でなんと3つが上位5位に入っていました。ちなみに高浜市のとりめしは8位になっていました。みなさん食べたことありますか?私は今回のB-1グランプリに行くまで、とりめしの存在すら知りませんでした。こんなに近くの市であっても知らないことがあるので、まだまだ全国には知らない郷土料理はたくさんあることでしょう。

これからも、参加団体を増やしつつ、たくさんおいしい料理、そしてその土地の魅力を伝え、「まちおこし」をしてもらいたいと思います。

 

西岡

千葉県浦安市に「ディズニー賃貸住宅」が登場

都市再生機構(UR)は、賃貸住宅にディズニー柄の壁紙を貼ったラッピングルームを作りました。

その賃貸住宅は、千葉県浦安市に2棟あり、ディズニーファンを誘致できると考え企画されたそうです。

ラッピングルームとなる洋室とトイレには、ディズニー仕様のオリジナル壁紙を貼り、ドアノブにもミッキーシルエットのデザインを採用しました。また、リビングや玄関などにはウォールステッカーでディズニー・キャラクターをコーディネートしてあります。リビングや和室用のレースカーテンなどもプレゼントされるそうです。

20131108

ラッピング付住戸は各棟とも、2LDKが2戸、3LDKが1戸で、延べ床面積は60~71㎡で月額賃料は12万5700円~14万7000円で、通常の部屋と賃料は特に変わらないようです。

ディズニー好きや子供には、とても人気がありそうですが、壁にここまで柄が付いていると、ちょっと家具が置きづらくなりそうですね。

             西岡

 

参照 UR都市機構ホームページより

基準地価 西三河は好調

9月19日に国土交通省は、7月1日時点の都道府県地価(基準地価)を発表しました。

名古屋圏は、住宅地・商業地ともに上昇地点の割合が大幅に増加し、特に名古屋市及びその周辺部である西三河地域を中心に上昇基調になっています。住宅地では、前年は基準地点の18.2%が上昇していましたが、今年は47%も上昇していました。国交省は「低金利や住宅ローン減税による下支えに加え、景況感の改善によって住宅需要が拡大した」とみているようです。

名古屋圏の市町村別の住宅地の平均変動率を見ると、1位は刈谷市・みよし市の3.7%、2位は安城市の3.6%で、西三河は地域経済が好調で住宅需要も上がったようです。

 

住宅地の平均変動率(高位)市町村

順位

市町村名

25年調査(平均変動率)

1

刈谷市

3.7

1

みよし市

3.7

3

安城市

3.6

4

岩倉市

2.3

5

日進市

2.0

県平均

0.8

 

また、この地域では、飲食店などの需要も増えており、市町村別でみた商業地の平均変動率でも、1位は刈谷市の3.3%、2位は安城市の2.9%でそれぞれ上昇しています。

 

商業地の平均変動率(高位)市町村

順位

市町村名

25年調査(平均変動率)

1

刈谷市

3.3

2

安城市

2.9

3

名古屋市

1.7

4

一宮市

1.3

4

江南市

1.3

県平均

0.8

 

 

市町村別の平均価格も西三河は、上位に入っています。

 

住宅地の平均価格(高位)市

順位

市町村名

平均価格(円/㎡)

地点数

24年調査順位

1

名古屋市

158,700

139

1

2

刈谷市

126,700

13

2

3

知立市

123,700

6

5

4

安城市

115,300

10

4

5

長久手市

114,900

6

3

県平均

95,800

595

 

商業地の平均価格(高位)市

順位

市町村名

平均価格(円/㎡)

地点数

24年調査順位

1

名古屋市

445,800

109

1

2

豊橋市

170,000

12

2

3

刈谷市

157,300

4

3

4

長久手市

149,000

1

4

5

豊田市

146,700

7

8

県平均

253,300

262

 

 

 

(資料)愛知県ホームページ

 

 

西岡