南海トラフ巨大地震

8月29日、内閣府は南海トラフ巨大地震の被害想定を発表しました。
寒い冬の深夜に駿河湾から紀伊半島沖の東海地方付近の南海トラフに集中して巨なすべりが発生し、日向灘付近まですべった場合、想定される死者数は最大約32万人にのぼると想定されました。
 東海地方が大きく被災した場合の想定死者約32万人のうち、実に約7割が津波による被害です。津波被害の推計には、東日本大震災などの調査結果を初めて使用し、すぐに避難する人の割合を20%、避難はするがすぐに避難しない人を50%、避難しない人を30%と設定し、避難開始のタイミングと津波到達時間の関係から被害を推計しました。さらにスマトラ島沖地震津波の浸水深別死者率を採用し、浸水深が30cm以上で死者が発生し始め、1m以上の地域では津波に巻き込まれた人は全て死亡すると仮定しています。その結果、津波避難率が低い場合と全員が地震発生後すぐに避難を開始した場合とでは、死者数に約2.6倍~約13.5倍の差が生じることがわかりました。
 愛知県では、最大で震度7の揺れと22mの津波に襲われ、最悪の場合、浸水面積は9870haに及び、死者2万3000人、全壊・焼失38万8000棟の被害をもたらすと想定されています。
最大津波高が22mと想定されたのは田原市で、刈谷市・碧南市・高浜市・東浦町で最大4m、西尾市では7mとなっています。
 今一度、避難場所を確認し、すぐ避難できるようにしておきましょう。西岡