低コスト型の下水道運営

国土交通省は、下水道の普及率が遅れている自治体の施設設備を支援するため、従来とは異なる効率的な事業運営を目指す「コストキャップ型下水道」の調査に乗り出すことがわかりました。愛知県美浜町をモデルに2013年3月末までに新手法の適用可能性を調査します。
 日本の下水道処理人口普及率(下水道施設の処理人口が総人口に占める割合)は2010年度末で75%程度に達し、全国的には下水道の整備は進んでいます。しかし、少子高齢化や人口減、財政難などに直面している中小規模の市町村では、今後の下水道整備が困難なところもあります。美浜町(人口約2万3000人)では、まだ下水道が整備されていない(普及率0%)で、国交省では、こうした自治体でも下水道事業を運営できるように、新たな施設整備・維持管理の手法の確立を目指しています。
 コストキャップ型下水道では、自治体があらかじめ設定した投資可能額の範囲内で、低コスト型の施設整備や維持管理などを実施します。クイック配管(露出配管、簡易被覆、側溝活用)などの新技術をパッケージとして利用したり、海外から設備を調達したりするそうです。   西岡

H22年度末下水道処理人口普及率    

市町村名   普及率
愛知県     72.0%
名古屋市    99.0%
刈谷市     88.0%
安城市     71.6%
知立市     53.7%
碧南市     60.8%
西尾市     55.6%
高浜市     49.2%